バイク 廃棄 手続き 廃車

バイクを廃棄する時の手続きの流れを解説|バイクの廃棄の手続きの前に査定を依頼してみましょう。

大切に乗ってきたバイクですが、長い間乗らなくて廃車手続きをすることになってしまいました。

 

手続きの流れを解説します。
1. 251cc以上の車検があるオートバイ。
a. 名義が本人になっている場合。
必要書類:車検証,申請書OCRシート3号の2(陸運局にて販売しています),手数料納付書,軽自動車税申告書,ナンバープレート
手続きはナンバープレートと上記申請書類に、所有者欄への押印・使用者名で押印または署名を行い、ナンバー返納と書類提出で完了します。

 

b. ローンでの購入で、名義がバイク店またはローン会社の場合
必要書類:所有権解除依頼書(実印での押印が必要です)
ローンが完済していれば問題有りませんが、ローン残債があり所有権解除に応じて貰えない場合があります。その場合はローン残の一括返済または、残債を再ローンの形で組み替える必要があります。これには応じて貰えない場合があり、一括返済が出来ないときはローン返済が完了するまで抹消手続きは取れません。
※所有権を解除して頂くと、所有者発行の委任状が貰えます。aの場合の書類+所有者の委任状にて陸運事務所での抹消登録が完了出来ます。

 

2. 250cc以下のオートバイ
a.名義が本人になっている場合。
必要書類:軽自動車届け出済書返納届,軽自動車届出済証返納証明書交付請求書
所有者欄への押印、使用者欄押印または署名が必要です。
ナンバープレート返納と軽自動車税消滅手続きを行います。

 

b. ローンでの購入で、名義がバイク店またはローン会社の場合
251cc以上のオートバイ同様、所有権解除の手続き後にaの手続きとなります。

 

いずれの場合も自賠責保険に残がある場合、抹消登録証明書のコピーを取り発行された自賠責保険の会社へ保険証券と共に持ち込めば、月割りにて残りの保険金が戻ってきます。

 

いやいや、大変面倒な手続きが必要ですね・・・

 

 

さて、抹消が終わったバイク、今度は廃棄〜解体をしなくてはなりません。
オートバイの場合は自動車と違って専門の解体業者はかなり少ないです。

 

自動車解体業者さんでもオートバイを引き取って下さる業者さんがありますから、そちらを探して依頼します。
その際、抹消登録証をお渡しします。
自動車とは違い、引き取って頂いても殆どの場合くず鉄としての料金は微々たる物です。

 

 

 

さて、こんな長々と書き込むような手続きです。
大変ですよね?

 

バイクの場合は廃棄のために手続きをする前に、買取専門店への査定依頼をお願いすることをお薦めします。

 

車種によっては隠れた人気でビックリするほど高価での買取も期待できます。
素人にはやっかいな抹消手続きですが、プロの手では慣れたモノです。

 

乗らずに眠っているバイク、そのままにしておくと毎年税金がかかるだけです。
買取店のスタッフに手続きをお任せして、ついでにお小遣いを手にしちゃいましょう。

 

 

※事故などにより車両の使用が完全に不可な場合、ローン会社との相談により抹消を行える場合がございます。

 

バイクを高く売るならバイクブーンがおすすめな理由