外車 高く売る バイクブーン

外国メーカーのバイクを売却するならバイクブーンがおすすめ

ハーレー・ドゥカティ・KTMなど外国メーカーのバイクを売却するとき、お悩みの方が多いですね。
実際、販売店での下取りや買取価格も、思ったより低くなりがちです。

 

自動車の場合は買取店の台頭もあり、最近では下取りに強化を入れてきました。
例えば新車購入時の下取りを行うと、メーカーから1台の下取りを行うごとにインセンティヴと称して"販売奨励金"という形のお金が入り、それが下取り価格に上乗せされます。
また、車の場合は新車1台売るごとに入る利益もバイクと違い大きくなりますので、極端な話ですと「値引きを小さくして下取りを高く見せる」というテクニックで凄く高く下取ったふりをすることもあります。

 

こういった経緯で、ディーラーの下取り価格は買取店との差が小さくなってきました。

 

バイクの場合は新車の販売でそこまでの利益はありませんし、メーカーからのインセンティヴのような制度がないので、販売店は独自の価格で下取りを行います。

 

外国メーカーのバイクでは、殆どの場合驚くほどの低価格で下取り値を提示されます。

 

そこで買取店への売却依頼を行う人が多いのですが、実際に買取店での査定をしても納得がいく価格を提示して下さることはあまり多くありません。

 

他の項でも何度か書いておりますが、外国メーカーのバイクを適正な価格で買い取るには「人気・相場・ウィークポイント」を正確に把握しておく必要があります。
仕入れたバイクがいくらで売れるのかという相場だけが分かっていても、ダメなのです。
例えばそのバイクのウィークポイント部分が故障または故障の兆候がある場合、業者オークションでそのバイクを購入する側は必ずそこをチェックしていますから、相場よりも安く落札されることになります。

 

特に外国メーカーのバイクでは、同じ車種でも年式によって少しずつ型が違い、ウィークポイントが違うことなどは割とよくある話です。
この差をキチンと把握するには、人気・相場だけでなく車種ごとの勉強をしないといけないわけです。

 

 

例えば買取店の口コミ記事で「ハーレーの売却を行った」と言った話を目にすることがあります。
ハーレーと言えばビッグツイン・スポーツスター・VRODの三つに分かれますが、年式によって排気量が違ったり、吸気方式・ブレーキシステムもモデルイヤーによって違うことが多々あり、ウィークポイントや人気・相場がバラバラです。

 

そうなると、知識がない業者は安い価格を提示してリスクを回避します。

 

これに対しバイクブーンは外国車の買取が得意と謳っています。
スタッフがそう言った年式・モデルごとの違いをキチンと把握し、適正な買取価格を提示する自信があるからこそ声を大きく「外国メーカーのバイクをお任せ下さい」と言えるのですね。

 

バイクを高く売るならバイクブーンがおすすめな理由