バイク 査定 高く売る

バイク査定を高くしてもらうための7つの準備

バイクを買取店に持ち込む・出張買取の依頼をする場合、当然ですがバイク査定を少しでも高価にしてもらいたいですよね。

 

普通に注意点としてブログ・サイト・雑誌に書かれている"半ば常識的"なことに加え、実際バイク査定員が何を見ているか・好印象を持たれるため具体的にはどうすればいいのか?
今回は7つの準備としてコッソリ教えましょう。

 

1.洗車
バイクが綺麗にされていることは、当然ですが好印象に繋がります。
また、洗車をすることで自分のバイクの整備状態や傷・不具合を把握できます。

 

2.オイルのチェック
オイル管理がキチンとされていたバイクかどうかは、バイク査定では重要なポイントです。
少なくともオイルの量はチェックして下さい。

 

3.車輪のチェック
オイルに限らず車体の状態、特にタイヤとホイールはチェックポイントです。
タイヤの製造年月日などから、どの位の頻度で乗っていたかを把握することもあります。

 

4.チェーン
バイク査定ではチェーンの状態をチェックして、ここも普段の整備状況の判断材料にします。チェーン引きで張りを調整しましょう。

 

5.エンジン・ブレーキクラッチ・灯火類・バッテリー・締め付け
不動車・車検切れ・保険切れの場合を除き、バイク査定ではスタッフが試乗をされることが多いです。不具合を指摘されない様に、点検しておきましょう。

 

6.書類のチェック
お乗りのバイクが売却可能な状態かどうかを書類でチェックします。
ローンで購入した場合、名義上の使用者と所有者が異なることがあります。
また、ローンの残がある場合は、残債の精算を行わないと名義が変更出来ないことが殆どです。
バイク買取では査定額がローン残債よりも高額であった場合、相殺して差額を支払って頂く形になります。残債の額が査定より低額の場合、差額をローン精算することで対応している業者さんが殆どです。
いずれにせよ、ローン残と書類の状態を必ずチェックしておきましょう。
ローン残はローン会社にお問い合わせ下さい。

 

7.売り主の身だしなみ
実はコレが、かなり大事です。
貴方がバイク査定員だったとして、汚い服装でボサボサの髪の毛をした方が出てきたら"そのバイクが大事にされていた"と判断しますか?第一印象で好印象を持たれないと必ず損をします。

 

 

とまあ色々書きましたが、
最後に綺麗にしてあげる・整備することでバイク査定はプラスになります。
大事にしてきたバイクを手放すわけですから、お別れ前にキチンとしてあげることが大事です。

 

バイクを高く売るならバイクブーンがおすすめな理由